初心者ライダー必見!オートバイ用ヘルメットの種類と選び方!

みなさん、オートバイに乗っていますか?

免許を取ってドキドキしながら町中を走っていることだと思います。

そんな初心者ライダーに向けて色々書いていきたいと思います。

ヘルメットはもう持ってますね?

ヘルメットってライダーの一番目立つところですね。

何気にかぶっているヘルメットですが選び方が大事です!

というわけで第一回は…

オートバイ用ヘルメットの種類と選び方!

まずヘルメットなんですが大まかに分けて 2種類ありますね。

フルフェイス

寒いときはこちらのほうがいいと思いますが、フルフェイスの一番の難点はシールドを完全に閉めると自分の息で曇ってしまうことです。

冬場は特に注意ですね。

シールドを少し開けることで曇らなくなるのですが、寒いときや雨の時は何とかしたいところ。

曇り止めは色々販売されているのですが、試していただきたいのはマジックリン。

掃除用品のあれです。

これをシールドの内側に薄く塗り広げて使います。

台所にあればちょっと塗ってみてください。

一瞬曇るのですがすぐに消えていくと思います。

これは成分として含まれている界面活性剤の効果ですね。

あ、雨で流れたら塗りなおして下さいね!

シールドで気にしないといけないことがもう一つあります。

それは色ですね。

大きく分けて3種類あります。

クリアシールド

透明なので日差しはまぶしいですが、景色を見ながら走りたい人はこれでしょう。

セミスモークシールド

若干色がついたシールドです。

色の濃さはヘルメットメーカーによって異なりますので注意してください。

日差しのまぶしさが気持ち和らぎます。

スモークシールド

サングラスと同程度の色の濃さです。

真夏の日差しを避けたいときはこれですね。

ですから夜に使用してはいけません。

何も見えなくなります。

フルフェイスの説明は以上です。

ジェットヘル

解放感があるのでこちらがいいという方も多いですね。

視界も広く感じます。

アメリカンバイクはこちらのほうが”それっぽい”ですね。

でもいいことばかりじゃありません。

ジェットヘルは寒い

冬は寒いです。

ジェットヘルはプライバシーが問題

あと顔が丸見えです。

プライバシーを確保したい方は避けたほうがいいでしょう。

最近はスマホで簡単に撮影→ネットにアップされてしまいますから。

匿名性を保ちたい方はフルフェイス+スモークシールドですね。

ジェットヘルは排気ガスで顔が汚れる

あと街中を走ると排気ガスで顔が真っ黒になります。すごいです。

トラックの後ろはホントにすごいです。

風よけになっていいのですが。。。

ジェットヘルは顔下半分の安全性が低い

事故を起こした時の安全性も、フルフェイスに比べたら当然低くなりますので、カッコ良さを追求したい方は自己責任でお願いします。

え?ジェットヘルにいいところがないじゃないかって?

いえいえそんなんことはありません。

アメリカンバイクにはジェットヘルがよく似合う

これに尽きると思います。

まとめ!

安全性ではフルフェイスがジェットヘルを上回る。

ジェットヘルはデメリットを把握したうえで使用すること!

今日はここまで!

次回は眼鏡とコンタクトについてです!ではでは!