バイクに乗るとき、あなたは眼鏡派?コンタクト派?ライダー永遠の課題に応える

オートバイに乗るにあたって眼鏡かコンタクトレンズか。

永遠の課題ですね。

みなさんはどちらを選択されていますか?

それぞれに良いところと悪いところがありますので、私の経験をもとに解説していきたいと思います。

裸眼の方は読み飛ばして下さい(笑)

眼鏡

まずは眼鏡のメリットから。

取り外しが簡単

これは完全に眼鏡の圧勝でしょう。

コンタクトレンズは朝晩の脱着と日常の管理が大変ですよね。

目にゴミが入りにくい

レンズが前にありますからね。

シールド閉めれば問題ないでしょ?と思うかもしれませんが、いつも シールド閉めているわけじゃないしね。

あと色々取り扱いが楽なのもいいと思います。

お次は眼鏡のデメリットです。

視野が狭い

普通の眼鏡は正面しかレンズがないので視野が狭いんですね。

これは車線変更などの目視確認時に効いてきます。

裸眼もしくはコンタクト着用時よりも、しっかりと顔を向けないと見えない、ということです。

前傾がきついバイクに乗るときも同様の理由で向いていません。

顔が下で視線を前にということになりますから。

ただし、最近は視野を改善するために曲面レンズを使用した眼鏡が発売されているので、眼鏡派の方は要チェックですよ!

コンタクトレンズ

次にコンタクトレンズのメリットです。

視野が広い

目線を向けたところにピントが合う。

眼鏡では視線だけ向けてもレンズがないと見えません。

バイクの種類によっては前傾姿勢になるバイクがありますね。

1000ccスーパースポーツはその筆頭でしょう。

顔はうつむき加減で視線を前に。ということに なりますね。

そんなときコンタクトなら普通に見えます。

車線変更時の目視確認も、眼鏡よりも顔の振り向き角度が少なくて済みますね。

これは町中での車線変更に非常に効きます。

街中では、車線変更時の安全確認は一瞬で正確に行わないと命に関わります。

次にデメリットです。

目にゴミが入ると大変

一度バイクを路肩に止めてコンタクトを外さないとだめ。

痛くてとてもじゃないけど走れません。

衝撃に弱い

路面のギャップに乗ったショックでコンタクトがずれる、もしくは外れるということもあるようです。

これだけでコンタクトを使わない理由になる、という方もいます。

まとめ

眼鏡は手軽さがメリットとなり、コンタクトは視野の広さがメリットとなります。

あなたにとってどちらが大事ですか?

よく考えて選んでくださいね!

では今日はここまで!引き続き読んでくださいね!