初心者ライダー必見!バイクウェアの季節ごとの重ね方&選び方

みなさんはオートバイに乗るとき、どんな服装で乗っていますか?

オートバイに乗る時の服装は、転倒から身を守るためや風・寒さに対抗するために大変大事なものです。

きちんと身支度をして安全に走りましょう。

今回はオートバイに乗る際の服装について、選び方や重ね着の仕方を中心に大まかに解説していきます。

上半身の服装に関してはこちら、下半身の服装に関してはこちらの記事で詳細を書いてますのでご覧ください。

服装

今は防寒/保温性能に優れたものがたくさん用意されています。

その中からバイクの運転に向いたものを選びましょう。

肌に密着して動きやすいものが バイクには向いています。

町中を走るだけでもバイクはスポーツなのです。

重ね方

冬の場合は「保温して遮断」という考えでインナーとアウターを重ねていきます。

夏はTシャツだけ!なんていう人もいるでしょうが、安全と日焼け防止のため、「メッシュジャケット&Tシャツ」がいいのではないでしょうか。

インナーウェア

冬に重要なインナーウェアですが、今は保温性能に優れたものがたくさん用意されています。

肌に密着して動きやすいものがバイクには向いています。

そのインナーウェアの上に、空気層を持った薄めの服を重ねます。

ニットの薄いセーターがいいですね。

体温で空気層を温める感じです。

裾野が長いTシャツをセーターの下に入れるのもありだと思います。

アウター

そしてジャケット。

上記の「インナー&空気層を持った服」で温めた空気を保温するために、風を通さない冬用のライディングジャケットを重ねるわけです。

まあデザインの好みもありますから好きなのを選んでください。

最近はプロテクター入りのジャケットも沢山ありますから、安全のためにこういうのを選ぶのもありと思います。

革ジャン

定番の革のジャケットなんですが、かっこいいのですが防寒という面からみるとあまりお勧めできません。

革は冷たい風にあたると大変冷たくなります。

革のジャケットをどうしても着たい!という方は革の下に風を通さない生地の薄い服を着ることで対処しましょう。

それでも、防寒の面では合成生地のジャケットにはかないません。

かっこよくというのはやせ我慢が必要かもしれませんね。

まとめ

冬は体温を逃がさないように「防風+保温」の重ね着で対処すること。

夏は日焼けを防ぐようにメッシュのジャケットで対処。

革ジャンは思っているほど暖かくない!

今日はここまで!服装まだ続きます!