ライダーの服装 ~概要~

前の記事が

身だしなみから始まってまだ

ヘルメット

眼鏡/コンタクト

なかなか走り出せません(笑)

服装

では今日は服装です。

今は防寒/保温性能に優れたものが

たくさん用意されています。

その中からバイクの運転に向いたものを

選びましょう。

肌に密着して動きやすいものが

バイクには向いています。

町中を走るだけでもバイクはスポーツなのです。

重ね方

冬の場合は

保温して遮断

という考えでインナー → アウターを

重ねていきます。

夏はTシャツだけ!なんていう人もいるでしょうが

安全と日焼け防止のため、

メッシュジャケット + Tシャツ

でいいのではないでしょうか。

インナーウェア

冬に重要なインナーウェアですが

今は保温性能に優れたものが

たくさん用意されています。

肌に密着して動きやすいものがバイクには

向いています。

そのインナーウェアの上に空気層を持った

薄めの服を重ねます。

ニットの薄いセーターがいいですね。

体温で空気層を温める感じです。

裾野が長いTシャツをセーターの下に

入れるのもありだと思います。

アウター

そしてジャケット。

上記のインナー + 空気層を持った服で

温めた空気を保温するために

風を通さない冬用のライディングジャケットを

重ねるわけです。

まあデザインの好みもありますから好きなのを

選んでください。

最近はプロテクター入りのジャケットも

沢山ありますから安全のためにこういうのを

選ぶのもありと思います。

革ジャン

定番の革のジャケットなんですが、

かっこいいのですが防寒という面からみると

あまりお勧めできません。

革は冷たい風にあたると大変冷たくなります。

革のジャケットをどうしても着たい!

という方は革の下に風を通さない

生地の薄い服を着ることで対処しましょう。

それでも合成生地のジャケットには

防寒の面ではかないません。

かっこよくというのは

やせ我慢が必要かもしれませんね。

まとめ

冬は体温を逃がさないように

防風+保温の重ね着で対処すること

夏は日焼けを防ぐようにメッシュのジャケットで対処。

革ジャンは思っているほど暖かくない。

今日はここまで!
服装まだ続きます!