初心者ライダー必見!バイクウェアの選び方~下半身編~ズボンと靴

みなさんはオートバイに乗るとき、どんな服装で乗っていますか?

オートバイに乗る時の服装は、転倒から身を守るためや風・寒さに対抗するために非常に大事なものです。

きちんと身支度をして安全に走りましょう。

バイクウェアの基本的な選び方についてはこちら、上半身の防寒に関してはこちらの記事で詳細を書いてますのでご覧ください。

オートバイに乗るうえで下半身の服装は重要です。

転倒したらダメージはまず下半身に来ます。

冬は太ももや膝が冷えやすく防寒も大事です。

下半身の服装について考えてみましょう。

ライダーの下半身

下半身は冬場だと「下着 → インナーウェア → ズボン」という感じですか。

寒さによってはさらにオーバーパンツを重ねることもあるでしょう。

夏から秋口は下着→ズボンですね。

春は朝方や日が落ちてからは寒くなるので要注意ですね。

まず下着ですが、好きなのをはいてください。

あ、事故で病院に運ばれたときに恥ずかしくないものにしましょうね(笑)

インナーウェアは上半身と同じで保温性があり密着性が高く動きやすいものを選びましょう。

膝部分が厚めになっているものがいいと思います。

膝には風が当たります。

ここから体温を奪われるので注意しましょう。

転倒するときに膝を打つと大変痛いのでプロテクターを併用するのもいいでしょう。

ズボン

ジーンズとそれ以外

皆さんジーンズが多いんじゃないでしょうか。

最近はオートバイ用のジーンズも用意されていますね。

防風処理をされたものもありますね。

長さなんですが、オートバイに乗るときの靴/ブーツと合わせて考えないといけません。

まずライディングブーツの場合。

ズボンをブーツの中に入れるのか、外だしにするのかで長さがかなり変わります。

中に入れるならズボンが長すぎると入りきらなくなります。

外に出すなら、オートバイに乗って膝が曲がった状態で足首が見えない長さを選んでください。

理由はまず転倒時に足首を守るためです。

それに冬は足首から空気が入ると寒いです。

ブーツとズボンで蓋をするイメージですね。

ロングのエンジニアブーツを履いている方はズボンはほとんど外出しだと思います。

そのほうが格好いいと個人的に思っています。

普通のライディングブーツだとズボンはブーツの中に入れるのですが。。。。

「ジーンズ中入れ + ライディングブーツ」は正直なところお勧めしません。

理由は個人的にはかっこ悪いと思っているからです。

最近はプロ野球でも外だしが流行っていますね。

そういう時代だということです。

私は「ジーンズ + ライディングブーツ」でも、やはりジーンズは外だしにしますね。

それが可能なズボンを選びます。

この辺りは人それぞれの考え方になると思いますのでお任せします。

チャプス

チャップスとも言いますね。

革のオーバーパンツ見たいなものですが股の部分は空いています。

ジーンズの上に革のチャプスを重ねるのは防寒や転倒時のケガなどからもおすすめです。

アメリカンライダーに着用者が多いですが、スーパースポーツでもありだと思います。

ただジャケットとのマッチングがありますのでセンスが問われます。

ハードなイメージですね。

ブーツもチャプス使用時はエンジニアブーツでないと合わないと思います。

チャプスは革なのでタンクとの密着度もジーンズより良いので、オートバイが操りやすくなります。

オートバイにジーンズでしか乗ったことがない人は驚くかもしれません。

ジーンズは結構滑ります。

私も初めて皮つなぎでオートバイに乗ったときはびっくりしました。

ニーグリップ時のしっかり具合がジーンズとは全然違います。

ブーツカットのジーンズと同じ形状の革ズボンというのもありますが、これもいいですね。

冬はやはり冷たいのでインナーを重ねるなどして頑張ってください。

ウエストサイズに注意!

ズボンのウエストサイズは直立状態ではなく、バイクに乗っている状態で合わせて下さい。

具体的に書くと、バイクにセンタースタンドがあればスタンドをかけてオートバイに跨がって下さい。

ステップに両足を載せてハンドルに手を添えましょう。

さて、ここから注意が必要です。

ハンドルで上半身を支えるのではなく、ニーグリップして腹筋で上半身を支えている状態が正しくオートバイに乗れている状態です。

腕や手は軽く添えている状態ですね。

これはオートバイを操る上でとても大事な事なので覚えて下さい。

理由を一行で書くと 「オートバイのセルフステアリングを妨げないため」 です。

オートバイはライダーが直接ハンドルを切るのではなく、ライダーがオートバイを傾ける事により、オートバイ自身にハンドルを切らせる事で曲がるのです。

だから 「セルフステアリング」 というわけです。

ライダーがハンドルに力を加えるとこの動きを妨げてしまうのです。

気を付けて下さいね!

こういう状態のとき腹筋は、柱のように上半身を支えているわけです。

なので力が入っており若干ウエストサイズが大きくなっているはずです。

このサイズに合わせてズボンを選びましょうね!

あ、腹筋の邪魔をしないようにベルトも締めすぎず若干緩めがいいでしょう。

靴について

次は靴というかブーツですね。

スニーカーは駄目!

スニーカー等はお勧めしません。

強度が無さすぎます。

やはり革製のブーツを使ってください。

転倒したときのことを考えると革一択です。

わたしも高校生の時はお金がなくてスニーカーでしたが、今は怖くてとても履けません。

よくあんなのでオートバイに乗っていたなあと思います。

スニーカーだと靴紐がステップに絡んで「停止時に足が地面に届かず転倒」なんてこともあります。

スニーカーはやめましょう。

やっぱりブーツ

ブーツの種類ですが、今だと「ライディングブーツ」「エンジニアブーツ」になるんでしょうか。

わたしは「ジーンズ外出し(ブーツカット) + エンジニアブーツ」です。

この組み合わせは街中でも違和感ないので、ずっとこれですね。

靴底が減っても交換出来るので、何年でも履きつづける事が出来ます。

ただエンジニアブーツは「サイズ選び」「中敷きと靴下を使ったサイズ微調整」「新品からの履き慣らし」などなどあるので注意してください。

この辺は長くなるのでまた別の日に...。

ライディングブーツも革製なので多少の履き慣らしは必要なんですが、エンジニアブーツほど大変ではありません。

ジャケット/ズボンに合ったデザインでプロテクションが考慮されたものを選んでください。

見た目で気にしないといけないのは足首から上の長さですね。

ロングタイプとショートタイプがあります。

わたしならロングを選びます。

ズボンの長さを適切に選ぶことで、ズボン外出し/中入れの両方に対応可能です。

特に外出しにしたときに足首が見えてカッコ悪くなることがありません。

ショートではズボンの長さを吟味しても 足首が見えてしまう時があります。

カッコ悪いです。

安全の面でもよくありません。

よく注意して選んでください。

まとめ

ズボンは長さと腰のサイズに注意が必要。

ジーンズは手軽さが魅力。

プロテクターが欲しいところ。

チャップスとの組み合わせはその点でポイント高い。

革パンツは転倒時にも破れにくいのでジーンズより頼もしい。

スニーカーは論外。

革系のブーツが必須。

では服装についてはいったん終わり! 次からやっと車体の話です♪