タイヤの空気減ってませんか?

オートバイで走り出す前には タイヤの確認が大事です! 空気が入っていなければ 安全に走ることができません。 表面に傷があったら一大事です。

タイヤの確認。

まず空気圧を確認しましょう。 それからタイヤ表面の確認です。

空気圧の確認。

空気圧は適正ですか? オートバイはタイヤの空気圧に大変敏感です。 常に注意を払いましょう。 毎回乗る前に空気圧を測っていれば 急に空気圧が下がっていたら 異物が刺さって空気が抜けているなどの 異常が発見できます。 オートバイの適正な空気圧はだいたい チェーンカバーにステッカーで指示されています。 これは毎回確認したいので空気圧計は 持っておくべきでしょう。 それに伴いフットポンプも用意しましょう。 ハンドポンプは疲れます(笑) なぜポンプが必要かというと 空気圧を測るときに少し空気が漏れるからです。 空気圧を測って高かったり低かったら 空気圧計には空気を抜くボタンがありますので それを押して調整できます。 低ければ一旦空気を入れて高めにしてから 抜いて調整しましょう。 目標とする空気圧なんですが、

冬場は空気圧をちょっと下げましょう

わたしは適正空気圧を基準に冬はちょっと 少なめにしてタイヤのグリップを上げるように しています。 2.5kPa(キロパスカル=空気圧の単位)だったら 冬はスピードも出さないし2.4~2.35kPaにする、 という感じです。 あ、空気圧の測定や調整時にスタンドをかけて タイヤを上げる必要はありませんよ。 全然変わらないです。 クルマはガソリンスタンドで空気圧を見て もらえますがオートバイは迷惑そうな扱いを 受けることが多々あるので自分で管理しましょう。 それ以前にガソリンスタンドの空気入れは オートバイに向いていないことが多いです。 オートバイのホイールに使用されている空気バルブは まっすぐな場合がほとんどですが ガソリンスタンドの空気入れは クルマの空気バルブのように曲がっているものを対象にしています。 もし仲良くしているガソリンスタンドがあって 空気入れを快く貸してくれるなら、 バルブにつけて90℃曲げるアダプタが1000円 くらいであるのでそれを買って ガソリンスタンドで調整することはできると 思います。オートバイにガソリンは欠かせないので 近くになじみのスタンドを作っておきましょう。

異物が刺さっていませんか?

前回と比べてオートバイの取り回しが 重いなあと思ったら釘などが刺さって 空気が減っているかもしれません。 タイヤの表面を確認して異物が刺さっていないか 確認しましょう。 なんて口でいうのは簡単なんですが 面倒なんですよね。。。 オートバイにセンタースタンドがあれば リアタイアは確認出来るでしょう。 しかしフロントタイヤはセンタースタンドを 掛けても浮かないので ちょっとオートバイ進めて確認を繰り返すしか ありません。 面倒なのでわたしはフロントスタンドを 買いましたが。。。 今はセンタースタンドがないオートバイも多いので 安く済ますなら ちょっとオートバイ進めて確認ですね。

釘が刺さっていた…!

最悪にも釘などが刺さっていた場合なんですが、 ここで慌てて抜くのはよくありません。 空気が一気に抜けてしまいます。 パンク修理キットが手元にあればよいのですが ない場合は手の打ちようがなくなります。 さてどうしましょう。 手元にパンク修理キットがある。 フットポンプもある。 パンク修理の経験者が一緒に手伝ってくれる。 →釘を抜いて修理しましょう。 手元にパンク修理キットもフットポンプもない。 経験者もそばにいない。 でも空気はそんなに抜けてない。 →異物の場所がわかるように目印をつけて ゆっくり安全運転でオートバイ屋に行って 修理してもらいましょう。 手元にパンク修理キットもフットポンプもない。 経験者もそばにいない。 空気も抜けてしまっている。 →異物の場所がわかるように目印をつけて オートバイ屋に電話して相談しましょう。

スリップサインの確認。

タイヤに異物が刺さっていないことが確認 できたらスリップサインを確認しましょう。 スリップサインってわかりますか? タイヤには水捌けをよくするための溝が ありますよね。その溝の中にちょっと浅い部分が あるのですがそれがタイヤの減りを 確認するためのスリップサインです。 その部分がタイヤ表面と同じ高さになったら もうそのタイヤは交換時期ということです。 オートバイ屋にタイヤを注文しましょう。 急な出費が!と思うかもしれませんが タイヤをケチって転倒したらもっと費用がかさむので 日頃からタイヤ代は積み立てておきましょう。

まとめ

空気圧は日頃からチェックしておけば異常が発見しやすい。 タイヤの表面確認は面倒。 タイヤの交換予算は毎月積み立てると楽ちん 今日はここまで!