オートバイの運転前点検!さあ走り出そう!エンジン始動

みなさんはオートバイに乗る前に点検していますか?

ちゃんと点検しないといずれ安全に走ることが出来なくなりますよ!

身支度を整えて点検をすませたらエンジンを始動してみましょう。

エンジン始動

1.キーをオンにする

2.ニュートラルランプの点灯を確認

点灯していなかったらギアをニュートラルに入れて点灯することを確認しましょう。現在のバイクはギアがニュートラルに入っていないとセルが回らないようになっています。古いバイクはギアがニュートラル以外でもセルが回ってしまうので、その状態でセルを回すとバイクが前に進んでしまうのでニュートラルに入れましょう。

3.エンジンが冷えているのでチョークレバーを引く

現在のインジェクションのバイクではチョークレバーはないかもしれません。

コンピュータが自動で調整をやってくれます。

エンジン始動時に気温をセンサーで感知して最適な設定を行うわけです。

でも2000年あたりのバイクはインジェクションでもチョークレバーがついていたりします。

まだコンピュータが未熟だったからです。

そしてインジェクションのバイクについているチョークレバーは、本来の意味でのチョークレバーではなく(チョークは英語で絞めるという意味。)、ただアイドリング回転数を上げるだけのレバーだったりします。

今までチョークレバーと言っていたので習慣的にチョークレバーと言っているわけですね。

さらに古いバイクはインジェクションではなくキャブレターであるため電子制御が効かないので、冬は特にチョークレバーを引かないと混合気中のガソリンの割合が小さくなりすぎてエンジン始動が難しくなります。

なぜ冬場は混合気中のガソリンが薄くなるのでしょう。

それは冬は気温が低いためにガソリンの揮発性が下がるためです。

それを補うためにチョークレバーで空気を減らしてガソリンの割合を大きくするわけです。

空気を減らすのではなくガソリンを増やしても同じことですね。

4.セルボタンを押してエンジンをかける

バイクによってはクラッチレバーを握らないとセルが回らないバイクもあると思います。

安全性向上の一環ですね。

セルボタンを押してセルモーターが回りエンジンがかかるわけですが、その時のセルモーターの回り方でバッテリーの状態を確認しましょう。

勢いよくセルモーターが回っていたら良いですが、”キュ、、キュ、、キュ、、、、”などと弱々しかったらバッテリーが弱っています。

ここでバッテリー状態の判断が必要です。

例えば、以下のような使用条件だとします。

いつも週一回のペースでバイクに50km~100km位乗っている。

日頃は充電器など使用していない。

このような条件で「先週も同じような気温でも元気にセルモーターは回っていた」「バッテリーは2年近く使っている」という場合は、残念ながらバッテリーの寿命の可能性が高いです。

バッテリーは化学反応で電気を発生しますので、気温が低い冬はつらいわけです。

気温が低いと化学反応が進みにくくなるからです。

ですので寿命が来て弱ったバッテリーが降参するわけです。

このような状態で運よくエンジンがかかったら、そのままバイク屋に向かって新しいバッテリーを注文しましょう。

バイクはそのまま置いていくほうがいいでしょう。

次にエンジンがかかる保証がないからです。

運悪くセルボタンを押してもセルが回らなくなったら、バイク屋に電話して事情を話しましょう。

バッテリー注文及びバイク引き上げの流れになると思います。

エンジンがかかったら

1.最新のインジェクションバイクの場合

30秒ほどそのままコンピュータに任せてエンジンを回して、異音が無いか耳を澄ませましょう。

前回と異なる音がしたら要注意です。

何もなければアクセルを少し回して空ぶかしをしてみましょう。

そんなに回転を上げる必要はありません。

スムーズに回転が上下すれば問題ないでしょう。

2.チョークレバー付きインジェクションバイクの場合

エンジン回転数が2000回転くらいになるようにチョークレバーを調整して、エンジンを温める必要があります。

これを暖機運転と言います。

エンジンが暖まってくるとだんだん回転数が上がってくるので、チョークレバーを調整しましょう。

冬場はマフラーからでる白い水蒸気がなくなるまで暖機すればよいでしょう。

結構な時間が必要ですので、近所迷惑になると思ったら大通りまで押して行ってからエンジンをかけるという配慮が必要かもしれません。

3.キャブレターバイクの場合

これは2.と同じで良いです。

やっとエンジンがかかりました!

まとめ

  • チョークレバーがついているオートバイで冷えたエンジンの始動にチョークが必要なのは正常である
  • 不要な場合、エアクリーナーが汚れている可能性が高い
  • インジェクションではなくキャブレター方式のオートバイはエンジンが温まるまで走り出せないことがほとんどなので、あらかじめ暖機運転が許されるような場所まで移動しておくことが必要である
  • キャブレター方式のオートバイはエンジンが温まってきたらチョークレバーを戻していかないと、混合気が濃くなりすぎてプラグがカブってしまいエンジンが止まってかからなくなるので注意が必要

では今日はここまで!