発進時の注意点

さあ前回まででバイクの準備は整いましたね。
やっと発進するわけですが、いつもなんとなく
出発しているなら一つ一つの動作を明確にして
出発しましょう。

バイクのおいてある場所が傾きすぎていない
ですか?
あまりあまり傾いているとちょっとした
弾みで転倒するかもしれません。
できるだけ水平なところに置いてから出発
したいですね。

進行方向が上り/下りでも左右方向に水平なら
いいでしょう。
なお、下りの場合はサイドスタンド外れ防止の
ためにギアをローギアに入れておきましょう。

さてバイクに跨るわけなんですが
服装も整えて周囲に人がいないことを確認して、
1.バイクの左側に立ちハンドルに手をかけます。
2.フロントブレーキをかけます。
クラッチは切りません。

3.教習所ではバイクに跨る前に
サイドスタンドを上げろと言われたでしょうが
わたしは上げずに跨ります。
なぜサイドスタンドを上げないか。
それは転倒の危険性が大変高いからです。
想像してください。
サイドスタンドを上げてバイクに跨る瞬間、
左足一本でバランスを取っている状態です。
少しでもバランスを崩したら一発転倒です。
こんなリスクの高い方法を取る必要は無いという
のがわたしの考えです。
あ、どうしても跨る前にスタンドを上げたいと
いう方は止めませんよ。個人の自由ですから。

4.跨りましたね。じゃあエンジンをかけましょう。
フロントブレーキは握ったままです。
もしローギアに入れているならニュートラルに
戻しましょう。

チョークを引く必要があれば引きましょう。
バイクを水平にしてサイドスタンドを
上げましょう。
上げるのを忘れないでください。
と言っても今のバイクはサイドスタンドが
出たままギアをローに入れるとエンジンが
停止するようになっていますから忘れませんが
古いバイクはそんな装置はありませんので
サイドスタンド出たまま走れちゃいます。
そして左コーナーでスタンドが引っかかって
転倒という事故が良く起きました。
気をつけましょう。

下りでも以上の手順ならバイクが前に進むことは
ないでしょう。
フロントブレーキを握っているからです。
水平でも万が一のために握っておきましょう。

さあキーをオンにして左ウインカーを
点滅させましょう。右ウインカーでは
ありません。
まだ発進しないので左ウインカーです。

そしてバイクの近く、特にマフラーの近くに
人がいないことを確認してから
セルボタンを押してエンジンをかけましょう。

エンジンも調子いいですね。
じゃあ左ウインカーはそのままで右後方を
目視確認しましょう。
ミラーではなく目視確認です。

人、車両が接近していないことを確認してから
ウインカーを右に切り替えます。
これはわたしのやり方なんですが、
なぜ右後方目視確認前にウインカーを右に
出さないかというと、

通行人や通行車両を驚かさないためです。

前を向いたままウインカーを出したら
すぐ発進すると思われるかもしれません。

すぐには発進しない意思を明確にすることで
通行人や通行車両を安心させるわけです。
もし人や車の流れが続くようでも
目視による後方確認をしてそのまま右ウインカー
を出すという動作を行うことによって、

”あ、このライダーはちゃんとこちらを
見ているな。急に出て来ないな。”

と思わせて安心させることが出来ます。
ボディランゲージというやつです。
大げさに後ろを向きましょう。

道路交通は人と人の信頼関係によって
成り立っています。

停止からの発進はその信頼関係の仲間に
入れてもらう訳ですので初対面の人との
会話と同じ訳です。

初対面の人と初めてお話しするときは
お互い慎重に探りながら会話しますよね。
それと同じです。

急な割り込みで敵を自分から作る必要は
ありません。

あ、目視確認なんですが
”ちゃんと”見ましょうね。
顔を向けるだけで実は何も見ていないという
人もいるようですから。

さて目視確認で何も接近していないことが
確認出来たら、発進しましょう!
街中走行の始まりです。心してかかりましょう。
今日はここまで!