低速発進が決め手!停止状態からの左折について

左折には二種類あります。

走りながらの左折と一度信号で停止してからの左折。

一度停止してからの左折は低速でバランスを取りながら色々なことを行わないといけないので注意が必要です。

さあ注意点を見ていきましょう。

停止からの左折

さて交差点を左折したあなたですが、目的地に行くにはもう一度左折しなければなりません。

左折する交差点に近づきました。

前方の交差点は赤です。

さてどうしますか?

左折前の停止

左折することを前提とした停止を行う必要があります。

・前方車両までの距離・左側方~後方にかけてのサイドミラーによる確認および目視確認。

・安全であることを確認したら左端に寄せながら左ウインカー点滅させる。

・スピードを落とす。

・停止を行う必要がありますね。そして信号が青になるまで待つわけです。

さて青になりました。

停止からの左折

停止中に周囲の状況が変わっているので再確認してください。

発進前の安全確認

左巻き込み防止のために左端によるわけですが歩道まで入りこむわけではないのであなたの左側に歩行者や自転車が存在していてもおかしくないわけです。

彼らを先に行かせてから左折する必要があります。

発進したら徐行で安全確認

安全を確認したら発進からの左折です。

結構難易度高いです。

徐行スピードで安全確認しながら向きを左に変える必要があります。

半クラッチとリアブレーキを使って速度調整してください。

徐行速度ではフロントブレーキは必要ありません。

バランスを崩してしまいます。

教習所で一本橋試験がありましたね。

フロントブレーキを使いましたか?使っていないと思います。

あの要領でゆっくり走ればよいのです。

無理をすることなく安全に交差点を通過しましょう。

右側に膨らまないでください。

直進車両と接触してしまいます。

横断者がいたら直立で停止

ゆっくり向きを変えながらも左右からの歩行者や自転車を確認し、横断するようであれば停止する。

ゆっくりな速度からの停止ですが、車体をまっすぐ立てて停止しないと転倒する恐れがあります。

気をつけてください。

特に重いバイクに乗っている方は危険です。

傾いた状態で停止などしようものなら車重を支えられずに簡単に転倒するでしょう。

本当に気を付けて下さい。

交差点の内側がすり鉢のようになっているところがあります。

足つきの悪いバイクでこのような場所で停止するときは少し外側を通りましょう。

直立状態で足をつかないと転倒してしまいます。

横断者が通過したら安全確認して徐行で発進

横断する歩行者や自転車が通過したらゆっくり発進して徐行スピードのまま交差点を抜けていきましょう。

これで停止からの左折が完了しました。

まとめ

停止状態からの左折は徐行発進を行いながら安全確認を行い、横断者がいれば徐行停止を行わなくてはいけないので低速でのバランスに注意のこと。

今日はここまで!