オートバイの右直事故回避策についての考察

苦手な人が多い!右折時の注意点~ライダーの鬼門~

この記事で交差点での右折について書いていますが伝えたかったのは、危険だ、苦手だと思うなら無理せずに回避しましょうということです。

右直事故についても同じように考えてみましょう。

右直事故について考える

事故を起こしたくて起こす人などいません。

なのになぜ事故が起きるのか。

その回避策はあるのか。

などの疑問点について考えていきます。

なぜ右直事故が起きるのか

直進:オートバイ右折:自動車この条件で発生する右直事故の原因は、右折しようとする自動車のドライバーが直進してくるオートバイの速度を見誤り、右折できると判断して交差点に進入してしまうことで発生します。

原因はもう判明しているのになぜ右直事故が絶えないのでしょうか。

それはドライバーから見えるオートバイが奥から手前に迫ってくるという位置関係のため速度を見誤りやすいのです。

自動車しか乗ったことのないドライバーはオートバイがそんなに速く走るとは思ってもいないため、はるか向こうにいたはずの(と思っていた)オートバイが次の瞬間にはすぐそこに迫っていたように見えるわけです。

オートバイが自動車よりも前方投影面積が小さいことがその錯覚に拍車をかけます。

そして早く右折をしたいというドライバーの気持ちがさらに拍車をかけ自動車をスタートさせてしまいます。

そして気付いた時にはもう手遅れというわけです。

回避策はあるのか

ありきたりなところでは、交差点進入時は停止できるように速度を落とす。

自動車のドライバーにオートバイを認識してもらうためにライトを点灯する。(今は常時点灯式ですが)

可能な限り目立つ色の服装をする。(特にヘルメット)(この事故の場合オートバイの色はあまり関係ありません。自動車からみてほぼ真正面のオートバイのボディの色など全く見えません。)

ぐらいしか思い当たりません。

非常にできることが限られていますね。

もっと能動的に回避ができないでしょうか。

大きな道路は当然大きな交差点があり、大きな交差点があれば当然右折車も多いということになります。

そのような交差点をあらかじめ調査して回避するという方法が考えられますね。

右折信号があれば安心して通過できます。

そのようにして安全と思われるルートをあらかじめ調査してそれに従って走ることで安全率が上がるでしょう。

100%安全には決してならないのですが、安全率向上策を積み重ねていくことで100%に近づけることはできます。

実際にわたしはこのようにして危険と思われるルートは外して走行しています。

今はスマホのgoogleマップで調査が可能です。

ストリートビューですね。

これを使って交差点の実際の構造を知ることができます。

そして交通状況をマップ上に表示させることにより交差点の混雑状況が分かります。

真っ赤になっていて右折信号のない交差点は危険地帯なので避けて通るようにすればよいわけです。

文明の利器であるスマホをゲームだけに使うのではなく身を守るために使ってみてください。

まとめ

右直事故は右折する自動車ドライバーの目の錯覚と思い込みにより発生する。

これは防ぐことができない。

こちらで何とかするしかない。

危険と思われる交差点をピックアップしてルートから外すことで安全に走行するという能動的セーフティライドを目指すことで安全率の向上が期待できる。

今回はここまで!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする