サンキュー事故の防止について考える

事故を誘発するさまざまな状況が街中には存在します。具体例をあげて防止策を考えてみましょう。今回はサンキュー事故について考えます。安全確認などの旧来の方法だけでなく、スマホなどの情報機器を使った新しい事故防止の方法を提案します。

サンキュー事故とはどのようなものか

聞いたことのある方も多いと思います。発生状況は以下のようになります。直進車が渋滞で詰まっている。右折車が渋滞解消を待っている。直進車が気を利かせて右折車を先に行かせようとする。右折車が礼を言いながら右折する。(サンキュー事故の由来はここから)右折は交差点だけとは限らない。対向車線側の店舗駐車場への侵入もあり得る。直進車の横をオートバイがすり抜けてきて右折車と接触事故を起こす。皆さんもこの状況に遭遇したことがあるかと思います。すり抜けするオートバイ右折車各々の立場の状況を考えて防止策はないか考えましょう。

すり抜けするオートバイ

まずはすり抜けをするオートバイの立場に立ってサンキュー事故発生までをたどってみましょう。まず交差点でのサンキュー事故発生状況です。

交差点でのサンキュー事故

あなたは渋滞にはまってしまったオートバイです。どうにもしびれを切らして車の左横をすり抜けて走行中です。交差点に差し掛かりました。右横の自動車の渋滞の列が途切れています。と、あなたの右横に突然自動車が突っ込んできました。接触転倒し最悪の場合死亡もあり得ます。次は直線道路でのサンキュー事故を想像してみましょう。

直線路でのサンキュー事故

あなたは渋滞にはまってしまったオートバイです。どうにもしびれを切らして車の左横をすり抜けて走行中です。とある店舗の入り口に差し掛かりました。右横の自動車の渋滞の列が途切れています。と、あなたの右横に突然自動車が突っ込んできました。接触転倒し最悪の場合死亡もあり得ます。さあどうすれば防止できるでしょう。

あなたが直進側ですり抜け中に交差点に差し掛かった場合

前方に交差点があることが目視で確認出来たらもし信号あり交差点で信号が青でも一時停止しましょう一時停止をして安全確認をする。これで交差点でのサンキュー事故は防止できます。しかし右折車だけではなく左折車も当然存在するので注意左折車に巻き込まれないようにしましょう。

あなたが直進側で直線道路をすり抜け中の場合

発生状況は、左側の店舗などの駐車場に入りたいと思っている右折車が突っ込んでくるという状況ですので注意点は右側の渋滞車両の車間距離左側の建物の種類ですね。この2点に注意しながら進んでいきましょう。前方に右側の渋滞車両の車間距離が広いところがあれば一時停止しましょう。右折車がいる可能性が高いです。これで防止できます。追加の注意事項としては以下のようなものがあります。自分の後ろからもすり抜け車両がついてきているかもしれないので停止前にポンピングブレーキで警告しましょう。当然いつでも停止できる速度ですり抜けしなければなりません。スピードを出してする抜けるなど言語道断です。右折車だけではなく左折車も当然存在するので注意さあ今度は立場を逆にしてみましょう。

右折したいオートバイの場合

あなたは渋滞している対向車線を右折したいと思っています。二つの状況を考えていきましょう。

あなたが右折側で交差点を右折したいと思っている場合

渋滞している交差点を右折しようと待っていたら、対向車が停止して道を開けてくれました。ここで礼を言いながら一気に進入してはいけません。一度対向車の前で一時停止して左右を安全確認しましょう。なぜ左右の安全確認なのか。すり抜けオートバイだけではなく、左右からくるかもしれない歩行者左右からくるかもしれない自転車が通過する可能性があるからです。対向車が待ってくれているので慌てて通過しそうになるのですがぐっと我慢して一時停止、安全確認をしっかり行うことで事故が防止できます。

あなたが右折側で対向車線の向こうにある店舗や駐車場に進入したいと思っている場合

防止策は交差点を右折する場合と同じですね。対向車が停止して道を開けてくれても一気に進入せず、一度対向車の前で一時停止して左右を安全確認しましょう。すり抜けオートバイ左右からくるかもしれない歩行者左右からくるかもしれない自転車の有無を確認してゆっくり進入していくことで事故が防止できます。どうでしょう。ゆっくり落ち着いて安全確認することで事故が防止できることがおわかりいただけたと思います。以上は実際に渋滞路を走行している状況での防止策です。もっとアクティブにこの状況を防止できないか考えてみましょう。

直進時にすり抜けをしなければよい

はっきりと言えることは、直進時にすり抜けをしていなければ事故は発生しなかったということです。これに勝るものはありません。しかしこのサンキュー事故の場合はすり抜けをしないだけでは片手落ちですね。自分が右折待ちの場合があるからです。ほかに防止策はないか考えましょう。

渋滞路を避ける

そう、渋滞路は避けるという選択肢です。いまから自分が差し掛かろうとしている道路が渋滞路ならそれを避けて通行することでサンキュー事故を防止することができます。今から行きたい店が対向車線側にあったらどうすればよいかって?右折進入ではなく、左折進入になるようにルートを組みなおすことで防止できますね。渋滞路を避けるのも、ルート変更もスマホナビで可能です。これからはこのような情報機器を上手に使いこなして身の安全を守りましょう。

まとめ

サンキュー事故は善意からくる譲り合いが生んでしまう悲しい事故である。オートバイはすり抜けできるため、サンキュー事故にあう確率は単純に自動車の倍になる。(右折/直進のどちらの立場にも立てるため)一時停止、安全確認が事故防止の要となる。直進時にはすり抜けしないことで安全率はぐっと上がる。もっと能動的に防止するには以下の方法がある。渋滞路を避ける。右折する状況を避けるためにルートを考えなおす。上記の方法のサポートにスマホナビを使用する。事前に調査して安全と思われるルートを探しておく。これからはこのように自分で情報を積極的に利用して安全を確保する時代である。以上今回はここまで!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする