駐車車両の右方通過時に発生する事故について考える

街中でのよくあるシチュエーションとして駐車している自動自動車の右側を通過するというものがあります。このときに事故が発生します。安全確認などの旧来の安全策だけではなくスマホなどの情報端末を使った防止策を提案していきます。

駐車車両の右方通過時に発生する事故について考える

まずはこの状況で発生する事故はどのようなものがあるか考えてみましょう。

発生することが予想される事故

駐車中の自動車の陰から人が飛び出してきて轢いてしまう。

駐車中の自動車の陰になって歩道の状況が不明の状態で通過したときに駐車中の自動車の陰から人や自転車が出てきてそれを轢いてしまうという事故がありますね。

駐車中の自動車の右側ドアが急に開いて衝突する。

駐車中の自動車の右側を通過中にドアが開いてそれに衝突してしまうという事故があります。それぞれの防止策を考えてみましょう。

駐車中の自動車の右を通過するときは可能な限り距離をとる。

まずは離れましょう。距離をとることで飛び出してきたときの回避時間を長くできます。距離があればドアが開いても接触せずに通過できます。片側2車線の場合は追い越し車線まで離れましょう。ウィンカーを出して車線変更するわけです。駐車が多いとあらかじめわかっている道は最初から追い越し車線を走っておくのも一つの方法です。

駐車中の自動車の右を通過するときはすぐ停止できる速度まで

そして速度を落とすことで安全率がさらに上がります。この状況ではほかの車との兼ね合いもあるので徐行まで速度は落とせませんが何かあると考えて可能な限り落としましょう。 今回の状況の場合は「自動車の陰から人が飛び出してくるかもしれない」「自動車のドアが急に開くかもしれない」と考えて行動するわけです。今回の状況に限らないのですが、オートバイに乗っている時だけではなく、乗っていない時も事故が起きそうな状況を想像して防止策を考えておくことで対処が早くなります。皆さんも日頃からイメージトレーニングしてください。以上は状況に遭遇した時の防止策ですがもっとアクティブに防止できないかと考えるとどういう方法があるのか考えてみましょう。そうですね。

駐車車両が多い道は通らない。

という方法が考えられます。じゃあどうやって駐車が多い道を調べるのかなんですが、自分が通行しようとしているルートをスマホについているgoogleマップのストリートビューで実際に通ってみることで確認できます。ストリートビューは見やすくするために昼間の映像が使用されているので日中の駐車状態も記録されています。便利なものなので皆さんも使ってみてください。地図だけではわからない情報がたくさん詰まっていますよ。昔はこんな便利なものがなかったのですが今は便利ですね。せっかくこういう時代に生きているのですから活用しましょう!

まとめ

今回の状況による事故を防止するにはあらかじめ駐車の少ないルートを走り、もし駐車車両がいたら距離を取り速度を落として通過することで対処できる。今回はここまで!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする