信号がなく見通しの悪い交差点はあまりに危険

見通しの悪い裏路地などでよくある信号のない見通しの悪い交差点。こういう場所では歩行者や自転車の交通マナーも悪いため、事故が起きやすい状況と言えます。どのようにして事故防止するかを考えていきます。安全確認などのほかにスマホなどの情報端末を使った積極的な安全確保の方法を提案します。

信号がなく見通しの悪い交差点はどうすればいいのか。

このような状況で発生が考えられる事故を考えてみましょう。

出会い頭による自動車との衝突

信号がないため注意して徐行と一時停止で通過するのですが見通しが悪いため情報が不足するために衝突します。交通量が少ないことによる油断が事故の発生に拍車をかけます。特にこのような道を毎日通勤などで利用していると、初心を忘れだんだん徐行も一時停止もしなくなってしまい最後に事故を起こしてしまうパターンもあります。

マナーの悪い歩行者や自転車との衝突

このような場所は日頃から交通量が少ないため周辺住民はあまり安全に関する意識が低いため安全確認を怠って交差点に進入してくることが多いのです。そのため衝突が起きます。特に最近は自転車のマナーが本当にひどいので注意が必要です。以上が発生が考えられる事故の状況です。では、どのようにして事故から身を守るのか。一緒に考えていきましょう。

事故防止のために何をするのか

こんな道は通らないに越したことはない

一番良いのはこんな道は通らない。ということです。

なぜこんな危険な道をとおるのか

こういう道を通るのは、おおかた通勤時間短縮のために裏道を通っているとかそういう状況だと思います。ですがそのわずかな時間短縮のためにこのような危険な道を通ることは愚策といえるでしょう。時間を短縮できても考えられる危険に比べたら全く割の合わない行為だといえるでしょう。そんなことをしていないで早起きして幹線道路を使って通勤しましょう。時間はかかっても見通しの悪い裏道よりはよほど安全です。

どうしても通らなければならないとき

いや違う、用事があってどうしてもこの道を通らないといけないんだ、という人もいるかと思います。

事前に少しでも安全なルートがないか調査する

じゃあどうするのか。事前に調査しましょう。可能な限り幹線道路をつかってぎりぎりまで目的地まで近づけるルートを探して裏道は最短距離ですませるようにして少しでも事故にあう確率を減らしましょう。

手元にあるスマホを使って情報を集める

スマホのgoogleマップでルートを選び、裏道の交差点についてストリートビューで実際の状況の情報を集めて見通しの少しでも良い交差点を選んで通過するようにしましょう。当然全ての道は徐行すること。交差点では必ず一時停止です。こちらが優先道路だとか言っている場合ではないです。かならず停止して安全確認しましょう。場合によっては一度オートバイから降りて状況を確認してもいいくらいです。こうすることで安全率を高めることができます。せっかく持っているスマホです。安全のためにどんどん使っていきましょう!

まとめ

交通量の少ない裏道は大丈夫だろうと高を括って走っている自動車や歩行者や自転車で危険がいっぱい。このようなところを走らないで済むようにすることが第一。どうしても走らねばならないならせめて裏道の走行時間を減らす努力をしましょう。googleマップで事前に調べて少しでも安全なルートを選んで走行することで安全度が高まります。手元にあるスマホをこういう時に有効活用しましょうでは今回はここまで!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする