右折車の追い越し時に起きる事故とは

街中で考えられるシチュエーションとして右折のため停止した自動車やオートバイを追い越すために左によるという状況です。このときにどんな事故が起きるのか。その防止方法はあるのか。ということを考えていきます。さらにスマホなどの情報端末を使った能動的な安全確保の方法を提案していきます。

右折車の追い越し時に起きる事故とは

いろんな事故発生パターンがあるので確認していきましょう。

片側一車線の場合

前方で右折車が停止してるので避けて左側を行こうとするが自分の後方にいた自動車やオートバイが同様に避けるため自分の左にいることに気付くのが遅れて接触する。または右折車の後方で一時停止後左に避けて通過しようとするが後方から同様に避けて通過しようとする自動車やオートバイに接触することが考えられます。

片側二車線の場合

追い越し車線を走っていて前方に右折車が停止していたので走行車線に車線変更しようとするがそこには元から自動車やオートバイが走っており接触または追い越し車線を走っていて前方に右折車が停止していたので一時停止して走行車線に車線変更しようとするが走行車線の交通量が多く車線変更のタイミングを誤って接触することが考えられます。以上の4ケースが考えられます。どうすれば事故を防止することができるのか考えていきましょう。

右折車が右折完了するまで待つ

これがベストです。これなら事故の可能性はほぼありません。なぜ”ほぼ”かというと、停止しているあなたのオートバイの発見が遅れた自動車やオートバイが追突してくる可能性がゼロではないからです。片側一車線の場合は安全にやり過ごすならこの方法しかありません。焦らず右折車の右折完了を待ちましょう

片側二車線なら走行車線を走っておく

片側2車線なら右折車は追い越し車線にて右折待ちするので走行車線は通常通り通過できますが、右折車を避けるために追い越し車線から車線変更してくる車両に注意しましょう。相手が車線変更しやすいようにあらかじめ車間を開けておくのがスムーズに通過するコツです。

もっと積極的に安全率を高めるには

さて、もっとアクティブに安全確率をあげることはできないでしょうか。今回のケースはなかなか難しいです。この状況に陥ることを完全に回避することができないからです。そうなると色んな所に気をつけて安全確率を少しずつ上げていくしかありません。

渋滞路を避ける

スマホのgoogleマップで渋滞情報をみて回避すれば右折待ちの車両に出会う確率が下がります。その理由は渋滞がなければ右折車両はスムーズに右折できるからです。これで少しは安全率が上がります。

片道一車線の道は通らない

片側二車線あれば右折待ちの車両は追い越し車線で停止するので事前にgoogleマップのストリートビューで車線数を調べ一車線の道を選び、走行車線を走行することでこの事故は防ぐことが出来ますね。このように事前に情報を集めて考えることで安全率が高まります。せっかくのスマホ、有効活用して安全に街中を走りましょうね!

まとめ

今回の状況は完全に回避することは不可能だが、基本通りの安全確認とスマホを使った情報収集で安全率を高めることが可能。では今回はここまで!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする