集団ツーリングについて思うこと

独りで走るのが好きな人もいれば集団で走るのが好きな人もいます。独りでは困ってしまうトラブル時にも集団なら何とかなるという側面もあります。というわけで今回は集団ツーリングについて考えてみたいと思います。

そもそもなぜ集団で走るのか。

一人のほうが気ままに走ることが出来るわけですから、そこをあえて皆と一緒に走るのか、ということを自問自答して何を我慢して、何を楽しむのかを明確にして納得しないと集団ツーリングは苦痛でしかありません。

集団ツーリングに何を求めるのか。

これは人それぞれだと思います。私の場合は単独ツーリングと集団ツーリングは全く別のものだと考えています。

単独ツーリングは独りを楽しむもの

単独ツーリングだと一人でひたすら長距離を走り続けることがほとんどですね。休憩もあまりとらず食事もコンビニでおにぎり買ってパッと済ませて走り出す感じです。一人耐久レースみたいな感じですね。何が楽しいかと言われると、他人にわかってもらえるかどうかわからないんですが距離を走れば走るほどオートバイと自分の一体化が進むのがわかってくる、という感じなんですけど。自分は高速道路をひたすら走り続けることが大好きなので一日に1000kmとかは普通にやっているわけです。500kmを越えたあたりからオートバイにすっぽり体がはまり込んでいる感じ?がするのが好きなんです。これは頻繁に休憩を取っていては味わえない感覚で、自分は2時間毎の休憩にしています。この感覚を味わうには連続して走行している時間が長いことが重要みたいです。

集団ツーリングは普通の旅行と同じ感覚

これに対して集団ツーリングはどう思っているかというと、これは普通の旅行だと考えています。車で行くドライブ、電車で行く旅行等と同じ感覚ですね。ただ移動手段としてオートバイを使っているということです。ですので走り方も全く異なるわけです。別のスイッチが入るという感じですか。他人との会話、食事に重きを置き、共通体験をすることを楽しむということですね。本来考え方や走り方、ペースが異なる他人が同時に走るわけですから普通の人間関係と全く同じ配慮が必要なわけです。思いやり、気遣いや助け合いetc、、、、。そういうのが嫌な人は集団ツーリングに参加するべきではありません。ストレスだけがたまる辛いツーリングになるでしょう。当方も集団ツーリングは基本参加しない主義です。色々面倒なので。。どこかでミーティングがあってそれに参加するのは好きですね。好きなペースで目的地に向かい、現地で同好の士と会話をするのは楽しいひと時です。初心者の方は自分のツーリングスタイルを早く見つけることが大事だと思います。そうすれば他人の言うことなど全く気にならなくなりますから。

まとめ

単独ツーリングは独りを楽しむもの。集団ツーリングは通常の旅行と気分は同じ。移動手段がオートバイということだけ。他人との関わりを楽しむもの。それが向いていないと感じるなら参加してはいけない。お互い不満が溜まる楽しくないツーリングになる。初心者は早く自分のツーリングスタイルや考え方を確立すること。では今日はここまで!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする