進路変更した車両との事故についての考察

進路変更した車両との事故街中での事故発生シチュエーションとして何かを避けるために進路変更した車両と衝突または接触してしまうという事故があります。この事故をどう防ぐのか考えてみましょう。

進路変更した車両との事故についての考察

なぜこのような事故が起きるのか

進路変更の理由はさておいて、進路変更したところに別の車両が存在したために接触して事故が発生した。もしくは進路変更を急に行ったために後方の車両が対処できず追突して事故が発生した。というパターンです。進路変更の理由として、路肩に駐車している車両や障害物を避けようとして安全確認もままならぬまま進路変更した。前者の追い越しのため車線変更したが安全確認が不足していた。あるいは全く安全確認しないで車線変更した。などが考えられます。

この事故を防ぐにはどうすればよいのか

前方の道路状況から前車の動きを推測する

例えば、走行車線を走っている前車の前方に駐車車両があればそれを避けるために進路変更もしくは車線変更するということは推測できます。追い越し車線を走る前車の前方に右折車両があれば走行車線に車線変更することも推測できますね。このように自分の周囲だけではなく前方の状況を観察し、推測することで車両の動きが推測できます。その推測から自車の安全が確保できるように位置取りを決め、速度調節、避ける準備などを行うことで安全率が高まります。

自分のオートバイの周囲に安全スペースを取る

自分の周囲に車両を近づけないことで安全スペースを確保しておくことで安全に回避運動を行うことが出来ます。具体的に言うと、他車と並走しない。前車との車間距離を車2台分は確保する。後方の車両との距離も把握しておく。左後方や右後方の車両の有無も把握しておく。自車の周辺にぽっかり空いた空間を作りだせればさらに安全率が高まりますね。なんとなく走るのではなく、常に安全率を高めるために工夫をしながら走りましょう。

具体例で考えてみましょう

あなたは今オートバイで片側2車線の道路の走行車線を走っています。交差点が20mほど前にあります。あなたは直進する予定です。右斜め前に追い越し車線を走る車両がいます。その前方には交差点を右折するために停止している車両がいます。ここであなたは推測しなくてはいけません。右斜め前の車両はどうすると思いますか?そうですね。右折車両を避けるために走行車線に車線変更してくることが推測できますね。でも現在の位置関係のまま車線変更されたら接近しすぎてしまいます。接触することもあり得ます。どうするべきか。答えは2択です。スピードを上げて右前方の車両より前にでる。もしくはスピードを下げて右前方の車両が車線変更可能な前方スペースを作る。です。どちらを選択すべきですか?全ての状況から最良な選択肢を選んでください。そうですね。あなたがとるべき行動はスピードを下げて右前方の車両が車線変更可能な前方スペースを作る。です。スピードを上げて右前方の車両より前にでる。これがなぜダメなのか。前方に交差点があるからです。あなたは交差点を直進する予定です。交差点の状況が右折車の死角で隠れているので安全かどうかわかりません。なにがあっても停止または回避できるようなスピードで進入しなければいけません。今のタイミングでスピードを上げることは自分にとって危険な状況を作り出すことになります。先のことまで考えると選択肢はスピードを下げて右前方の車両が車線変更可能な前方スペースを作る。になります。行き当たりばったりで走ってはいけません。常に先読みをしてこれから何が発生する恐れがあるのか、どうすれば安全なのかを刻々と変化する道路状況から推測し続けてください。最後に自分の身を守るのは自分しかいないということを肝に銘じてください。さて、自分が進路変更する側になったらどうでしょう。あなたは今オートバイで片側2車線の道路の走行車線を走っています。前方に駐車車両があることを確認しました。車線変更しないと避けることが出来ません。安全に車線変更するためにあなたは何をしなければならないでしょうか。そうですね。前方の駐車車両との距離を確認し、右側面および右後方の車両の有無を確認する。車線変更スペースがあればウインカーを出して追い越し車線に車線変更する。車線変更スペースがなかった場合ですが、速度を落として右側面および右後方の車両を先に行かせることで車線変更スペースが出来そうならスピードを落としてスペースが出来たところで車線変更して駐車車両を避けましょう。スピードを落としたぐらいでは車線変更スペースが出来ないくらい追い越し車線が混雑していたらあきらめて駐車車両に接近しすぎないように一時停止して車線変更スペースが出来るまで待ちましょう。決して焦って追い越し車線に割り込まないようにしましょう。非常に危険で接触事故をおこす、もしくは誘発することになります。落ち着いて対処しましょう。

もっと能動的に防ぐことが出来ないか考える。

あらかじめ道路状況をしらべて渋滞路や駐車車両が多い道を避けることで今回のような事故が発生する確率を下げることが出来ますね。googleマップの交通状況で渋滞路を調べたり、ストリートビュー機能で道路状況の映像で確認することで情報を集めて分析することで危険な道を避けることが出来ます。せっかくのスマホなので有意義に使いましょう。

まとめ

今回のシチュエーションは自車、他車が動いている状況なので迅速かつ正確な判断が求められる。常日頃から周囲状況の読み取りと推測を行って判断力を養うことが必要。事前に情報を集めることで危険な道を避けて根本的な安全を手に入れる努力をすべき。スマホなどの情報端末を有効に使って能動的に安全率を高めよう。今回はここまで!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする