オートバイに必要な車間距離について考える

今あなたが取っている車間距離。どのように車間距離を決めていますか?そしてそれは安全な距離なのでしょうか。オートバイと自動車では必要な車間距離は違うはずです。オートバイにあった車間距離について考えます。

オートバイに必要な車間距離について考える

車間距離のよくある目安。

時速60km/hだと60m、100km/hだと100m。前車から3秒以上離れる。3秒だと時速60km/hで50m、100km/hだと83mですね。3秒もいい線行っていますねでもこれ、自動車の目安ですね。オートバイと自動車が同じ距離で停止できると思ったら大間違いです。ブレーキの絶対性能は同等だとしても、オートバイの急制動は車体が不安定になるのであまり行いたくありません。なにより、オートバイの制動能力を100%引き出すのは難しいですね。オートバイの制動力を引き出すには高度なバランス感覚が必要です。我々のような一般ライダーだとほぼ無理と思っていいでしょう。今はABSが標準装備のオートバイが増えていますがバランスを崩すと転倒するのはABSがあっても変わりません。自動車は転倒の危険性がないしABSもほとんどの自動車に装備されているのでとにかく思い切りブレーキを踏めばかなりの制動能力を発揮します。それに対しオートバイはブレーキをかけてもバランスを崩して即転倒というのがかなりの可能性で発生するのでおいそれと全力制動を行えません。全力制動できないということは必然的に制動距離が大幅に伸びる、ということですね。前を走っている自動車が急ブレーキをかけると距離が不足していたら簡単に追突するでしょう。

車間距離を自動車よりも長くとる

一般ライダーだとオートバイは自動車よりも長い制動距離が必要なので自動車よりも車間距離を長めにとることで対処しましょう。じゃあどれくらい長くすればよいのでしょうか。安全にバランスを保ったままブレーキをかけるのに必要な距離は?とあるオートバイ雑誌でのテストでは、オートバイは自動車の1.3倍必要だったとのことです。雑誌のテストはエキスパートライダーが行うので我々一般ライダーだとさらに増えますから1.5倍は見ておきたいですね。ということは時速60km/hだと60m、100km/hだと100m。前車から3秒以上離れる。という目安が時速60km/hだと90m、100km/hだと150m。前車から4.5秒以上離れる。となります。

街中でそんな距離が許されるのか

街中だと時速40~60km/hくらいで走るとすると60m~90mの車間距離が必要ということになります。実際にこんなに距離を開けていると間に車が割り込んできますね。自動車のドライバーはオートバイは簡単に停止できると思っている人が大半です。だから平気で間に入ってきます。こればかりは避けようがありません。間に入られたらまた距離を開けましょう。安全第一です。どんどん後ろに行ってしまいますが(笑)まあ街中でスピードを出してもしょうがないし安全にやり過ごしましょう。

安定したブレーキをかけるには

安全な停止は難しい!停止時のブレーキのかけ方でも書いたのですが、急制動時のバランスを保つために、一瞬リアブレーキを早くかけることを推奨しています。リアブレーキを一瞬早くかけることでリアタイアが地面を噛み、凧のしっぽのようにオートバイを安定させてくれます。後ろから引っ張ってくれて前につんのめるのを止めてくれる感じですね。そしてフロントブレーキを2段掛けします。2段掛けとは第一段階でフロントフォークを沈める。第二段階で本格的にブレーキレバーを握りこんでいく。という動作のことです。フロントブレーキを一気に掛けると重心の高いオートバイは前転する勢いで前につんのめります。ひどいときはリアタイアが浮いて一輪走行になります。リアタイアが浮いていなくても荷重のほとんどが前輪に移動している状態です。その状態で少しでも左右にバランスが崩れると即転倒します。それを避けるために、一瞬リアブレーキを早くかけ、リアタイアを地面に噛ませる。そしてフロントブレーキ第一段階でフロントフォークを沈める。第二段階で本格的にブレーキを握りこんでいく。という動作を行うことで安定したブレーキングを行うことが出来ます。言葉でいうと”チョチョン、ジュー”って感じですね。最初の”チョ”でリアブレーキ開始次の”チョン”でフロントブレーキ第一段階。フロントフォークを沈めます。”ジュー”でフロントとリアブレーキをを停止まで引きずる。というイメージです。慣れないうちは口に出してリズムを取りながらブレーキをかけてみましょう。わたしはもうこの方法で慣れているので口に出すことはありません。体にこの方法が染みついていますから。一度やってみると、前後同時にブレーキをかけていた時とは安心感が全然違うと思います。お試しあれ。

まとめ

一般ライダーは制度距離が自動車より長い。だから車間距離は自動車の1.5倍以上必要。しかし街中ではそんな距離を開けていると自動車が割り込んでくるがしょうがない。入られたらまた距離をとろう。安全なブレーキング方法で安定したブレーキを覚えて備えよう。今回はここまで!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする