オートバイを選ぶときに考えること。

オートバイを選んでいるあなた。自分に合ったオートバイとは何か考えたことがありますか。本当に自分に合ったオートバイを選ぶためにどうすればいいのか考えましょう。

自分にあったオートバイの選びかたを考える。

まずオートバイに対する思いを明確にすることが大事

乗りたいオートバイがあるなら

「絶対コレに乗るんだ」「コレに乗るために免許を取ったんだ」という方は多いと思います。思い入れたオートバイに乗る。素晴らしいことだと思います。多少の不便はその熱意で我慢できるでしょう。そのオートバイの制約上で乗り入れられない場所があってもあなたには関係ないでしょう。なぜならあなたは「そのオートバイでないとダメ」なのだから。そのオートバイとの時間を刻んでください。そしてその思い出を大事にしてください。そうすることでそのオートバイとの関係は濃密なものになるでしょう。そのオートバイに乗って「思っていたのと違う」ということがあってもそれはあなたにとって必要な体験なのです。なぜならあなたは一度はそのオートバイに乗らないと前に進めないからです。一度実際に手に入れて乗った上で初めて乗り続けるのか乗り換えるのかという選択が出来るわけですから。なので乗りたいオートバイがあるのなら迷わず乗って下さい。逆にこれを読んで迷うようならやめたほうがいいでしょう。あなたのそのオートバイへの思いはそれほどではないからです。自分の用途を考えてきちんとオートバイを選んだほうがよいでしょう。

オートバイでしたいことがあるなら

オートバイでやりたいことが明確になっているのならそれに合ったオートバイを選びましょう。

ツーリングしたい!

オートバイでツーリングしたい!って人は多いと思います。通勤などの交通手段を除けば実際にオートバイを買ってすることはツーリングが一番多いと思います。実際の話、ツーリングはその気になればどんなオートバイでも可能なわけで、じゃあ好きなオートバイを買えばいいということになるのですが、買った後自分のツーリングスタイルに合わなければ乗り換える羽目になります。そうならないように自分のツーリングスタイルを明確にして必要な条件を洗い出し、一番自分の用途に合ったオートバイを選ばなくてはいけません。

どこをどう走りたいのか

極端な例としてレーサーレプリカでオフロードは走れないことはないけれど非常につらい事が想像できるわけです。そういう時はオフロードマシンを買うということになります。自分の本当の希望を快適にこなせるオートバイを選びましょう。ただ、自分の本当の希望を明確にすることは結構難しいです。見栄を張りたい、友人にカッコいいと思われたいなどというよこしまな思いがあるといつまでたっても自分の本当に必要なオートバイを見つけることはできないでしょう。オンロードのツーリングをしたい。という希望があるとします。この条件だけだと可能なオートバイは無限に存在します。もっと条件を付けなくてはいけません。

「オンロード」

→高速主体ですか?下道主体ですか?

「オンロード」「高速道路主体」

→一日に走る距離はいくらくらいですか?2~300kmくらいならどんなオートバイでも休憩を適切にとれば疲労度はそんなに高くありません。高速に乗れない小排気量オートバイ、スクーター「以外」なら可能と言えます。500kmを超えて1000kmともなれば、ツアラー大排気量アメリカンメガスポーツというオートバイが快適でしょう。スーパースポーツはスピードは出ますがポジションがあまりにきつく、荷物もあまり載せることが出来ないのでお勧めしません。カッコいいんですけどね。メガスポーツはツアラー大排気量アメリカンと比較すると買ったそのままでは荷物積載量が劣るのですがちょっとした改造で遜色なくなります。トルクがあるので荷物を載せても性能的には全く問題ありません。キャンプ用品なども積載できます。わたしの今のツーリングスタイルはこれですね。高速道路を1000kmほど走って帰ってくるというものです。

「オンロード」「下道主体」

このツーリングはさまざまなオートバイが可能になります。ここでもっと細分化しましょうか

「オンロード」「下道主体」「オンロードのつづら折れ峠道」

このキーワードでどんなオートバイが向いていると思いますか?「峠道」と聞いてスーパースポーツを思い浮かべる方が大変多いと思いますが大きな間違いです。全く快適ではないしスムーズに走ることは不可能です。スーパースポーツは「オンロードのつづらおれ峠道」には全く向いていません。荒れた路面、小さな見通しの悪いカーブ、60km/h出せるかどうかの道ではスーパースポーツは宝の持ち腐れでしょう。日本でスーパースポーツがその性能を生かして走ることが出来る場所は箱根のような「高速ワインディング」くらいしかないのではないでしょうか。日本ではあまりありません。高速道路の一部がそれに近い道ですね。

「オンロードのつづら折れ峠道」

で一番快適に楽しく走ることが出来るのは125~250cc、大きくても400ccのスクランブラースーパーモタードデュアルパーパスとなります。こういったオートバイが日本の山越えの峠道を快適にひらひらと軽快に走ることが出来ます。立った楽なポジションは疲れることはありません。高い視線は遠くまで見通せて下りでも怖くありません。柔らかめのサスペンションは荒れた路面をものともしません。軽い車重は扱いやすさを感じさせ、下からトルクがでてくる単気筒エンジンがゆっくりと景色を見ながら走ることを許してくれます。すべてがジャストフィットしています。山道をヒラヒラと楽しく登っていき頂上で昼ご飯を食べてまたヒラヒラと下って帰ってくる。楽しいですよ。昼ご飯はふもとのコンビニで買った弁当でもいいし、ちょっと凝って頂上でお湯を沸かしてインスタントラーメンを作っても山ではごちそうに変わります。わたしが高校生の時はデュアルパーパスで和歌山の山道を走っては地図の道を赤ペンで塗る、というツーリングを毎週していました。もう一度やろうと思っています。

「オフロード」

オフロード用オートバイなのですが、オンロードでもスーパースポーツがあるようにオフロードでもハイパフォーマンスを標榜したモデルが存在します。初心者がそんなオートバイにのってオフロードを走ると危険です。とても扱いきれるものではありません。オンロードではごまかせてもオフロードはライダーの技術がすべてさらけ出されます。見栄を張らずに自分に合ったオートバイを選ぶことが自分も周囲も幸せになれます。さてオフロードと一口に言っても色々あります。日本では

「オフロード」「広めの林道」

「オフロード」「獣道っぽい林道」

に分かれますね。

「オフロード」「広めの林道」

技術があれば250~400ccのハイパフォーマンスモデルが楽しいでしょう。初心者は125ccのデュアルパーパスがちょうどいいと思います。特に足つき性を重視してください。足がつけば何とかなることが多いです。オフロードハイパフォーマンスモデルは走破性を高めるためサスペンションが長く、必然的に車高が高くなり足つき性は劣悪です。舗装路ではつま先だけで何とかなってもオフロードでは滑って転倒するでしょう。自分の技術をよく理解して選んでください。わたしも今からオフロードに走りに行くとしたら250cc以下の足つきの良い馬力の小さいモデルでゆっくり走るでしょうね。コケるのは嫌ですから。

「オフロード」「獣道っぽい林道」

このような道はとにかく軽く足つきの良いモデルでしょう。250cc以下のスクランブラーデュアルパーパストライアラーになるでしょう。ただトライアラーはその身軽さの引き換えとして通常走行での快適性を失っています。ポジションはシートから腰を浮かせることを前提にしているので座るのは非常時ということになります。獣道メインという方にしかお勧めしません

ただオートバイに乗りたいなら

今までは明確な目的があった時の考え方を書いてきましたが、そこまでやりたいことはないけれどなんだか気持ちよさそうなのでオートバイに乗りたいという方もいるでしょう。そういう方はまずは手軽なスクーターはいかがでしょうか。50ccでは30km制限がキツイので125cc、高速も乗るかもしれないなら250ccのスクーターもあります。250cc以下は車検がないのでオートバイに乗り始めるには手軽でよいと思います。スクーター以外では250ccのネイキッドストリートバイクスクランブラーなどがありますが、デュアルパーパスが車重も軽く街乗りにも手軽でいいです。ただ足つきのよいモデルにしたほうが街中では手軽でいいでしょうね。よく行くお店があるのなら、その駐車場に止めることができるオートバイを選びましょうね。気軽に乗るためには自分に扱える車格と車重をきちんと把握して乗るのが嫌にならないようなオートバイを選ぶことが大事です。扱いが辛くて乗らなくなったら本末転倒ですから。

交通手段としてのオートバイ

割と近い会社までの移動や駅までの移動によく使われるのは50ccスクーターですね。駅の駐輪場に止めることが出来るサイズはそんなに大きくないのでやむなく50ccスクーターに乗っている方も多いと思います。もうちょっと駐輪場が大きければ125ccのほうが速度違反で切符を切られる心配をしなくてすむのに、と思います。まあ自転車と共通の駐輪場がほとんどなので仕方ありませんが。会社までの距離が結構あるなら125ccスクーターが身軽で自動車をリードできるパワーもあるので通勤の頼もしい相棒になるでしょう。

まとめ

本当に自分に合ったオートバイを見つけることはそんなに簡単ではない。他人の評価も参考になるがまずは自分の胸に手をあててよく考えることが大事。試乗会もいいとは限らない。一時乗って感動してもそれはただの驚きかもしれないからだ。色々悩んで選んでもやっぱり違うということもある。その時はいい勉強をしたと思って次に行くべきだと思う。嫌々乗っていても時間がもったいないからだ。人生の中で時間が最も大事なものだから。では今回は長くなりましたがここまで!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする